おまるベイビィズ

おすすめ本『おんぶで整うこころとからだ』

time 2018/08/04

おすすめ本『おんぶで整うこころとからだ』

サブロー妊娠中から、さらしおんぶが気になって仕方がなかった私。色々検索して、比べて、迷って迷って…結局さらしを買うことなく、普通に抱っこひもを買ってしまったのですが。

やっぱり、さらしおんぶが気になって仕方なかったんですね。

※さらしおんぶ=4mくらいのさらし1本でおんぶしたりだっこしたりする方法

さらしおんぶをするかどうかで迷っていた一番の理由は、帯が高いから、でした。色々検索しているうちに、さらしじゃなくて、兵児帯(へこおび)でやろうと思考が移動していっちゃったんです。

兵児帯で検索すると好みの風合いのものが色々とヒットしたのですが、ちょっと試してみるにしてはそれなりのお値段。やってみて出来なかったからお蔵入り~とは出来ないような価格帯だったので、半ばあきらめていました。一時期しか使わないものですしね。

でも6か月たって、ふと、「兵児帯とさらしは違うよね?」と思い出し、本来の目的だったらさらしで検索すると1,000円もしないじゃないですか!迷走しすぎた!

そこで、すぐにさらしを注文しました。この本と一緒に。

おむつなし育児と、さらしおんぶについて書かれている本です。

 

えー、ここからちょっと辛口でいきますが。

私、おむつなし育児の本が好きじゃありませんでした。約8年前、おむつなし育児という言葉を知った時に、図書館で片っ端から本を借りたのですが(といっても、当時は3~4冊しかなかった)、どれを読んでも「こんなの私には無理」としか思えませんでした。

まず、翻訳が微妙…。当時は、おむつなし育児についての海外の本を翻訳したものがほとんどで、文化も違うし、子育ての価値観も違うし、ぜんっぜんしっくりきませんでした。

その後、日本人が書いた日本人のための本も数冊出ましたが、どれも、誰かに勧めることはありませんでした。いわゆるマニュアル本だったからです。

おむつなし育児って、マニュアル通りにはいきません。そこがおもしろくて、そこが癖になるところなんですが、マニュアル育児に洗脳されきっている多くの現代人には、…なかなかわかってもらえないんですよね。

そんなマニュアルママに、マニュアル本を渡したところで、行き詰って「私には無理」ってなるのが目に見えていますから。

だから、誰かに本を勧めることはありませんでした。勧めたい本がなかった、という方が合ってるかもしれません。

星の数ほどあるブログも、実践している普通のお母さんたちの記事を、体験談として読むのは好きですが、おむつなし育児を広めようとしている、伝えようとしているブログの多くは好きじゃありませんでした。なんか違うんだよね。私が思っている、排泄の習慣づけとは発想が違う。

おむつなし育児という言葉とノウハウが広がるにつれ、私の中の違和感も大きくなり、ここ数年はおむつなし育児という言葉を使うこともやめました。

 

そんな私ですが、お一人だけ、「うんうんうんうん、そうそうそうそう!」と共感するブログを書かれている方がいました。それがこの本の著者さんです。

私が一方的に、ただのブログの読者なだけなんですが、本を出版されるという記事が出たときは、ものすごくドキドキしました。

 

というのも。

実は私も本の原稿を書いていたからです。年内には買えるようになるかな?まぁ、その話はおいといて(っていうか、ここで初めて発表したんですが笑)。

自分の原稿が終わるまでは、本の内容に関する新しい情報を一切入れないようにしていました。自分の中にブレが出たら困るので(笑)先日ようやく原稿があがったので、松園さんの本も心置きなく読めるようになりました。

読んでびっくり!というか、やっぱり!というか…、これ書いたの私ですか!?って言いたくなるくらい、しっくりくる話がそこにありました。文の書き方や内容は全然違いますよ。私と違って、とても品のいい文章で、とてもとても丁寧に書かれています。(私の本は雑です。も、もちろんいい意味で!)

書き方や内容は違いますが、伝えたい想い、みたいなものが、すごく近い感じがしています。私が一方的にそう思っているだけなんですが(^^;)

だから、今は、おむつなし育児をしてみたいというお母さんたちには、この本、おすすめしたいです。でも、マニュアル本じゃないから、マニュアルママには物足りないと思います(笑)ちなみに、私が書いた原稿も、マニュアル本ではありません♡

 

この本は、おむつなし育児と、さらしおんぶと、女性の出産・体のことについて書かれています。

こうして、自分のブログで紹介したくなった箇所が、たっくさんあるのですが、2つだけ、今日は語りたいと思います。

ひとつ目はp23にあるここ

世の中に渦巻いていた「育児って大変よ~、夜は眠れないわよ~、産後うつもあるんだから~、つらくて孤独で不安だよ~」といったネガティブな情報のすべてを鵜呑みにして、産後は大変(と思っていた。)当時は、「子育てって楽しいわよ! あかちゃんってかわいいわよ! 一緒にいるとすごく幸せなんだから!」といったポジティブな情報と出会うことがなかったような気がします。

※(  )内は私が省略し、補っています。

ここ!私も本当にまったく同じことを思っていました。タローが生まれたとき、ネット上で見かける情報はネガティブなものばかりだし、周囲にいるママたちも、ネガティブな話ばっかりしていて、本当につまんなかった(笑)

だから、自分で親子サークルを始めたんでした。子育てってもっと楽しいよ!ということを伝えたくて。

赤ちゃんとの触れ合い、子どもとの遊びを大切にしたいママのための親子教室。ノウハウに終始しない、子育てを楽しむためのアイディアがいっぱいつまっています!

辛いことも大変なこともたくさんある子育てですが、 0歳から3歳までのことを数年後に振り返った時、色々あったけど楽しかったな♪そう思えるような「今」の過ごし方を、たくさんお伝えしたいと思っています。

一緒に子育てを楽しみたい!そんなママたちとの出会いを楽しみにしています。

※私の教室のサイトTOPページの文章です

ね、今が楽しいということ伝えたくて始めたんですよ。この文だけは開設当初から変えていません。

初心…忘れてたな、最近。松園さんの文章を読んで、ちょっとホッとしました。私の原点に再会したようで。そう、私は子育ての楽しさを、伝えたかったんだって、当たり前になりすぎていてちょっと見失っていたけれど、その大事なところを思い出させてもらいました。

 

もうひとつは、p139。

毎回やっぱり陣痛中に1回は「あぁぁ、気持ちいい」という言葉が出る瞬間がある。

※著者さんは5人出産されています

私、サブローの出産が、本当に気持ちよかったんですよね。ビックリしました。陣痛の最中、生まれる直前のいっちばん痛いとき。痛みが突き抜けて、なんか気持ちいい~♡って思ったんです。著者さんが書かれている気持ちいいとは、タイミングがちょっと違うのかもしれないけれど。出産って気持ちがいいということを、サブローを産んで知りました。

これ、実は私のやりたいこと、第2ステージにつながっています。

今、ものすごく女性の体に興味がある。赤ちゃんの排泄がおもしろいのと同じように、女性の体づくりに、すごく興味があるんですよね。いずれは、なんらかの形で、人に伝えていきたいと思うほどに。

今はまだ語れるほどのものが何もないですが、体を整え、心を整えることで、妊娠期間中も、出産も、産後も、とても健やかに心地よく、気持ちよく、すごせるんじゃないかなって思うんです。その感覚を失っている人の方が多いけれど…、その感覚がわかる人は、後世のために、伝えていく必要があるんじゃないかなって。

 

ぜんっぜん本の感想になっていないですが(笑)初心にかえれたこと、次のステージにつながる内容も書かれていたこと、そういう意味で、とてもよい本と出会えました。

おむつなし育児とかさらしおんぶとか、やり方を知りたいマニュアルママにではなく、人、本来のチカラを試したいお母さんにおすすめしたい一冊です。

 

話があちこちいってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました♡

そうそう!さらしおんぶは、さらしと本が届いてすぐにやってみて、なかなか快適でした♡ おんぶより抱っこのほうが楽でしたが、きっともう少し練習したらおんぶのコツもつかめると思います。サブローもニコニコご機嫌でした♡ まぁ、彼は基本いつでもご機嫌ですが(^^*)

真っ白なさらしは包帯みたいなので(笑)、自分で染めてみようと、今はたまねぎの皮をためています。初の草木染め!やってみる時は、またレポートしたいと思います~♪

 

 

down

コメントする




プロフィール

ひまママ

ひまママ

三兄弟のおむつはずしを、おまるを使ってストレスフリーに達成&実践中♡ Enjoy体験談を綴ります。 [詳細]

本で読めます!

0歳からのおむつはずし、その考え方と基本的な習慣づけの方法を本にまとめました!
Amazonでのみ購入可能です。

更新情報をメールでお届け♪

深夜の更新もあるかもしれませんが、よろしければ登録してもらえたらうれしいです♡

キーワードで探す